LOG IN

洋館と好きなものばかりの休日

by ミケ

土曜日

 ロボット教室のあと、夫がボンを連れて、実家一泊帰省。一、二ヶ月に1度くらいの頻度で帰省してくれる。義母は喜び、私も喜ぶ。息抜きの一人の夜。ええ塩梅でやってくる。笑

 現在、屋号を変えて心機一転というところで、新しい手帳が欲しくなり、壽ビルのほぼ日のショップへ。壽ビルはノスタルジックな洋館。西洋への憧憬感に溢れた昭和初期の洋館。レトロビルは好きな建築物の一つであるよ。

 帰り、たまには一人で外食しようと考えていたが、ステーキ用のお肉を買って、家で焼く。赤ワインと一緒にいただく。

日曜日

 娘と朝の5時半までだらだらと話して、正午まで眠る。

 13時半からタロット箱の打ち合わせで、近所のノート屋さんへ。洋書風のものをリクエストして、試作を出してもらった。重厚感もあって素敵な仕上がりだと思ったけれど、オーナーさん曰く、強度的にイマイチで、使っているうちに貼り付けた紙が剥がれてきやすく、デザインを変えたいとのこと。

 実際、タロット愛好家はヘビーユーザーが多くて、毎日、何度も繰り返し使うので、やっぱり強度は大切。(私自身も、タロットの紙箱のフタはほとんど破れてしまった)。オーナーのご指摘に即、納得したワタクシ、菓子箱仕様の「ふつう」の箱に変更。窮屈だと扱い難いということで、小指一つ入るくらいの、ちょっとガサッと感のある大きめの箱を注文した。ただ、奇想庵謹製を名乗るからには、ちょっとこだわりを入れたいところ。

 夕方、夫とボンが、知り合いからカブトムシの番いを2組譲ってもらって帰ってきた。

 焼肉が食べたいらしく、牛、豚、鶏のお肉を買ってきた。昨日の残りの赤ワインと一緒にいただく。

 娘が自室で騒いでいるので、何かと思えば、初メルカリして、ものの5分で売れたらしい。アニメのイベントの時、もらったものらしい。

#Diary

←壽ビルディング1階はミナ ペルホネンの洋服屋さん。

OTHER SNAPS