LOG IN

其の一・迷いを抜ける

by ミケ

#Tarot

 京都は、祇園祭のクライマックス、山鉾巡行を明日に控え、今宵は宵山。

 今週は前祭り(さきまつり)だけれど、今年は(も)、宵山巡りは来週の後祭りだけにしようと、夫からの提案。めっちゃ暑いので、速攻で快諾した。<コラコラ…

 京都タロット遊戯版(つまり廉価版)も仕上がってきて、小冊子を入稿する間際の本日、なぜか突如、得体の知れない「迷い」が出てきた。

 いや、厳密に言えば、「突如」ではない。

 実は、前々から、うすうす迷っていたこと。

 実は(あろうことか)、プロットそのものに関わることで、今更迷うなんて、どうかしていた。

 私は、当初から、西洋タロットのWandsに当たるものを『稲穂』とし、Pentacleに対応するスートを『鏡』と決めている。

 これは、タロットなど何の興味もなかった頃(二十五年くらい前)の夢見を元に決めたもの。

 私が、迷っていたことは、「ひょっとしたら、稲穂は古代西洋コインとしてのpentacleに相当するのではないか?」ということ。

 そんな前々からぼんやりと感じていた確信の無さが、入稿直前になって、看過できないくらいに膨らんでいったのだった。

 もちろん、たろうさんにも聞いた。(=京都タロットで占った)。

 3枚法で、『稲穂の八、セオリツさん、コノハナさん』がお出ましになった。大アルカナは2枚で、この場合「このまま」であることが前提で、隠された神秘を見つけ出すチャンスであり(セオリツさん+コノハナさん)、迅速に前に進める時(稲穂の八)と、読むことができた。

 しかし、迷いでいっぱいになってしまった私は、それでもなお、

 (今なら、まだ、間に合う)

と、変更する方に、気持ちが傾いていたのだ。

 改めて(変更するつもりで)、稲穂と鏡の数カードを敷物の上に並べ、一枚一枚、丁寧にチューニング。こんなことは、朋百香さんから作品が上がってきた当時の、最初の最初にやったことなのだが。

 結論から言えば………

 やっぱり、今までの解釈で、まったく間違いなかった。

 稲穂スートが、いわゆるWandsであり、鏡のスートがpentacleに当たるのだ。

 なのに、どうして私は、ギリギリの今になって、迷う必要のないことで、こんなに迷ったのだろう?

 と、思わず考え込んでしもた…。

 そこで、気づいたことがある。

 

 (長くなるので、次回へ)

タロット絵©TOMOKO

OTHER SNAPS