LOG IN

茅の輪くぐりなど

by ミケ

#Diary 

六月 最終土曜日

 9時過ぎ、親分(夫)からタオルケットを剥がされて、カーテンを開けられる。早ぅ起きろの合図。早朝まで起きていたので眠い、眠い。

 ボンのお教室の待ち時間に、親分から指令あり。朝、行商さんから仕入れた鯖があるので、きずしを作ってくれとのこと。甘酢を作ってお昆布を入れて仕込む。今夜は日本酒、日本酒。

 ランチ。D大の学食に行ったら満席だったので諦めて、冷麺にしようと、ガサいけど美味しい中華屋へ急ぐも、そこも満席。近所のカフェへ。私は辛いフルーツドライカレー、親分はハンバーガーとビール、ボンは唐揚げ。

 帰ってきたら、激しい通り雨だったが、ちょっと小ぶりになった隙を見つけて、ごりょうさん(@上御霊神社)にお参り。初顔の神官のおにいさんが、なぜか茅の輪に水を掛けていた。知り合いの禰宜さんに親分が「今、茅の輪くぐって大丈夫?」と聞くと、「お奉りしたばかりやし、大丈夫ですよ」とおっしゃった。お奉りしたてで水の滴っているありがたい茅の輪をくぐる。半年の穢れは、これにて清算。

 土曜の夜は、恒例の魚祭り。本日は、鯖祭り。きずしのほか、焼き鯖(これは親分が焼いてくれた)も。あと、山芋の明太子合え、など。

OTHER SNAPS