LOG IN

たろうさんは荒御魂 二

by ミケ

  #Tarot  #京都タロット

※ このたろうさんの画は、フィルター加工してますよー。

▶︎ 前々回のたろうさんテーマのポストからの続き。

 「たろう」とは、日本の男の子を象徴する名前として、あまりにも馴染み深い名称だろう。

 桃太郎、金太郎、浦島太郎…、どこかのスマホ会社のコマーシャルに勢ぞろいしているが、テレビCMで扱われるくらい、この三人の少年を知らない日本人はいない。

 日本人の共通認識、つまり、これがユングのいっている「民族的無意識」の領域に繋がっていく。

 たとえば、夢の中で桃太郎が出て来たら、幸運な偶然や、勝算とか好戦的な状況だとかを意味するだろう。もちろん文脈にもよるが、おおかたの場合、好機を意味する吉夢だといえる。

 金太郎や、浦島太郎についても、おおまかに言えば、同じカテゴリに属する。

 「聖なる少年」

 そう、たろうさんとは「聖なる少年性」を意味する。

 日本人にとって、力太郎とか三年寝太郎…など、物語上の「〇〇太郎」というのは、のちのちヒーローに大変身を遂げる男の子であることを予感させる名前なのだ。

 聖なる少年性…とはなんだろう?

 私は、たろうさんを思うとき、いつもこのことを考えていた。

 この聖なる少年を、たろうさんの精霊と位置付けると、『京都タロット』というものが浮かび上がってくるし、二十二枚の大アルカナの物語も、自然と生まれてくる。

 そうなんだ。この京都タロットという物語は、たしかに「私」が、書いたけれど、でも、どこか、私ではないような気持ちがあるのは、これは、私の「頭」が、こねくり回したものではないからだ。

 たろうという少年が浮かび上がった後、彼が、いかに物語を紡いでいくかは、ある意味、わりと簡単であった。

 それは、静かな水面に水滴を落とした時、自然と波紋が広がる、その波紋の形を映し取ったようなものであったから。

 「聖なる…」との枕詞は、その「原型」という意味。この物語上に登場したばかりの少年

 前の投稿でも書いたけれど、その存在は、まだまだ不安定でありながら、

 あらゆる可能性、無限の可能性を潜在させている。

 私は、京都タロットに棲む精霊に、そんな「たろう」という若者の姿をイメージした。

 それが、最初の{零・たろう}だが、次回は、この{零・たろう}のことを、さらに掘り下げてみる。

 そこから、京都タロットを展開するにあたって、タロティストにとって、極めて大事なことが見えてくるから。

続く…

原画©TOMOKO

OTHER SNAPS