LOG IN

冬休み最終日の矛盾

by ミケ

1/4~6の#Diary

1/4(金)

 昨夜はオールしたので日中が異様に眠く(当たり前である)、勝手に目が閉じてしまう。

 夜は、親分が餅入りのお好み焼きを作ってくれた。

1/5(土)

 ヘアカットに行った親分が、柳葉敏郎になって帰って来た。

 1ヶ月分の予定を、現実の日付に落とし込む作業。どう考えてもタイトすぎるけど、あれこれ頭を煩わさずに、アンドロイドになったように(笑)淡々とこなすのみ。

1/6(日)

 お嬢とボンの冬休み最後の日。

 机の上に、真っ白の読書感想文ノートを広げているボン。どうやら冬休みの宿題の一部らしい。

 かーちゃんは発作的に「長い冬休みあったのに、なんで前夜までにやってへんねん!」と突っ込んでしまった。

  叱ったあと、(あれ?一応、間に合ってるやん。提出明日やん)と気づいて、「叱ってごめん。ギリギリの方が集中できる場合もあるわな」と、とりあえずフォローした。

 締め切り間際のあの異様な高まりは、子供の能力開発的な見地でみれば、貴重な経験とも言える。

 今まで、さんざん締め切り仕事に追われてきた身の私とすれば、あの独特なハイテンションは一種のゾーンに近いもんがあるし、滑り込ませたあとの爽快な達成感で、気が大きくなって、何もないのに、えへらえへら笑ってしまう自分が嫌いではない。

 それなのに、子供には反射的に叱ってしまう矛盾。こんな矛盾を子供にぶつけるのはやめよう。

 だいたい、この私が、締め切りのことで人のこと言えるんかっちゅうのが、そもそもの矛盾。😅

 

 今日は、親分がポークカレーを作ってくれた。

OTHER SNAPS